気ままに♪のんびり♪育児ライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実体験~陣痛から出産へ~③

P1030047.jpg


こんばんは、しょう子です。
今日も育児お疲れ様です^^

最近色んな方のブログを拝見することに
はまっています~。

子育てのことを書いている方のブログは
なんといっても!おしゃれ!!

本当に参考になります。

・・・しかし、ブログを読んでいると
時間があっという間にすぎてしまいますね(笑)

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

今日で実体験3回目です。
出産時に起こった不思議体験を
お話していきたいと思います♪

それは・・・
主人が生まれたての我が子を
初めてだっこしたときのこと。

もちろん、そのとき我が子は
泣いて泣いて。

生まれたてだから当然ですよね。
おなかの中にいた時は、
空気はへその緒を通じてもらうので、
呼吸が必要ありません。

この、生まれてすぐ泣くことによって!
初めて肺呼吸に切り替わるのです^^

ちなみに我が子はそれはそれは
大きな声だったようで。

手術でお世話になった助産師さんが
とってもほめてくださいました^^

そして、その泣いているときに
主人が話しかけたんです。

「○○○(あかちゃんの名前)~」って。

・・・そうしたら!!!
あれほど泣いていた我が子が。

ぴたっと泣くのをやめたんです。


えええええ!!と主人は
本当にびっくりしたようですよ。

あとで助産師さんにお話を伺うと、
やっぱりおなかにいるときに
外の音は聞こえているそうで。

主人は我が子の誕生を
本当に楽しみにしていて、
毎日おなかに話しかけていたんですよね~。

で、このいつも聞いていた声に
反応したのではないか、とのこと。


そんな神秘な出来事でした^^

おなかにいるときから
積極的に話しかけていると、
面白いことが起こるかも?

わたしたちはおなかの音を聞くのも好きで、
2人で聴診器をつけ!
(今は2人同時に聞けるものが
 売っているんですよ^^)

聴診器 妊娠中の胎動音 心音 マタニティグッズ!ローズマダム 心音ちゃん(二人用) ピンク/イエロー【オータムセール】 YDKG

価格:4,095円
(2012/11/23 01:07時点)




我が子の誕生をわくわくしながら
待っていました。

ぜひ皆さまも!おなかの音を聞いて、
そしてたくさん話しかけてあげてくださいね。

あ、おなかの赤ちゃんは
喧嘩の声も聞いているそうですよ~(笑)
喧嘩はほとほどに、です^^


しょう子

スポンサーサイト

PageTop

実体験~陣痛から出産へ~②

P1030045.jpg

こんにちは、しょう子です。
今日は最近頂いたお菓子の
詰め合わせの写真です^^

この写真をチョイスするあたりで、
食いしん坊がばれてしまいますね・・・

自分で料理するのも、
お菓子を作るのも、
スイーツを買ってきて食べるのも!

大好きなしょう子です^^(笑)


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

今日は実体験の2回目です。

※前回と同じになりますが・・・

痛い話を書きたいわけではないのですが、
どうしても出産の話なので^^;
痛いお話が怖い方は、
読まないようにしてくださいね。


陣痛から48時間経過して、
私の体も限界を迎えていました。

陣痛の間隔は狭まってきて、
痛みも増してきたものの・・・

子宮口がなかなか開かなかったので、
分娩室に入れなかったのですね~。


そこでお医者さまが
「無痛分娩に切り替えると、
子宮口が開く場合がある。」
と提案をして下さり。

夫と話し合った結果、
無痛分娩に切り替えることにしました。

でも・・・
この無痛分娩の注射、
背骨あたりに打つんですけどね。

それがとっても痛かったのです~涙
でもそのあとの陣痛は
本当に楽になりました。

でも、それでも子宮口がなかなか
開いてくれませんでした。

先生ももう少し時間をかけてみよう、
頑張ってみようね、と
励まして下さりました^^


そして、数時間が経過した後、
おなかのあかちゃんの
様子もチェックしてみることになり。

・・・すると、
心拍数が低下していることが
わかったんです。

やはり長い間あかちゃんも
頑張ってくれていたのですね。

かつ、エコーで確認してみると
へその緒が首に2周ほど
巻きついているのがわかりました。

このこともあり、お医者さまから
緊急帝王切開をしますか?
と提案がありました。

夫と話し合った結果、
私たちはすぐにあかちゃんを
おなかから出してあげよう!と
判断し。

手術に踏み切りました~。


そして、手術時間42分。
我が子が誕生しました^^

今でも誕生した瞬間は
忘れられません。

でも、そのあとに私は
疲れ切っていたせいか・・・

爆睡しました~^^

手術台で最後おなかを
縫っていたときに、

我が子は綺麗にして頂き♪

夫が初だっこ~。
感動のあまり泣いちゃったそうです。

そのときに起こった、
不思議体験を次の記事で
お話しますね^^


しょう子

PageTop

実体験~陣痛から出産へ~①

891c35fb.jpg


こんにちは、しょう子です。
今日は大好きなディズニーの写真を。

最近は全然行けていないのですが、
そろそろ子連れで挑戦してみても
いいかな~なんて。

お友達なんて、1歳になる前に
3回以上行ったとか!

パレードで大興奮だったみたいで^^
いい思い出になりますよね~。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

さて、今日は実体験を
お話したいと思います。

※痛い話を書きたいわけではないのですが、
どうしても出産の話なので^^;
痛いお話が怖い方は、
読まないようにしてくださいね。


私の出産予定から1週間過ぎ。
次の日までに陣痛が来なかったら・・・

陣痛促進剤(じんつうそくしんざい)を
打って、無理やり陣痛を起こすと
お医者さまに言われていました。

遅くても明日には会えるのね~^^
なんてのんきに構えていたら!

陣痛が夜中にやってきました。

まだまだ痛みが我慢できる、
そんなレベルだったので・・・

夫とyoutubeで懐かしソングを
流しまくって(笑)
リラックスするよう心がけました。


ちなみに、私の懐かしソングはこれ。

あゆ、めっちゃ好きでした~^^
最近聞いてなかったなぁ。



そして深夜でしたが、
産院へ向かい。

個室に通され、
陣痛が強くなる、
そして陣痛の間隔が狭まるのを
待ちました。

実際は陣痛の間隔は狭まったのですが、
子宮口がなかなか開かず^^;

そして、陣痛が来てから
48時間が経過しました。

この辺でもう心身ともに
疲れてましたね~(苦笑)

早く生まれてくれ!と
願ってました。


続きます。


しょう子

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。